よくあるお問い合わせ (FAQ)

現在利用している0120・0800番号をそのままTwilioで利用できますか?

0120番号・0800番号(共に着課金方式番号) であれば、ナンバーポータビリティ(MNP) により弊社へ移管することでTwilioでご利用になることができます。

03や06など地域の局番で始まる電話番号は、あいにくTwilioに引き継いでご利用いただくことはできません。詳しくは、『03や06などの、一般的な電話番号を利用できますか』をご参照ください。

■着課金方式番号のMNP

すでにお客様にてご利用いただいている0120番号・0800番号の2種類については、MNPの手続きを行うことでTwilioで利用することが可能です。この手続きは全体で概ね1〜2ヶ月ほどお時間が必要となります。一般的には、下記の流れでお手続きが進みますが、MNPする元のキャリアやサービスによってMNPができないことも御座います。詳しくは、弊社営業担当より詳しくお伺いした上で、個別にご案内いたします。

一般的なお手続きの流れは以下の通りです。

[手続きの概要]
・ 弊社営業担当よりヒアリング、お手続きの流れについて確認 (お客様+弊社)
・ MNPによるTwilio利用に関する合意書の締結 (お客様+弊社)
・ KDDIフリーコールS へのお申込み ならびに 現在利用中の電話番号をKDDIへMNPする旨のお申込み (お客様)
・ 現在利用中の電話番号の名義をお客様→弊社へ変えるお手続き (お客様+弊社)
・ 現在利用中の電話番号の着呼先変更のお手続き (弊社)

  1. KDDIフリーコールS 申し込み/MNP 申し込み 【お客様にて実施】
    すでに現在利用中の電話番号が「KDDIフリーコール」をご利用の場合は、この手順は必要ありません。

    ご利用の電話番号をKDDIフリーコールサービスへとMNPするにあたり、「KDDIフリーコールS」のお申込みと、MNPでKDDIへ移管する手続きを同時に申し込んでください。このフリーコールSへと、現在のキャリアからMNPで電話番号を移管します。この時点では、着呼先は今までと同様、お客様管理の電話番号となります。

    ※ KDDI社 問い合わせ先
    http://www.kddi.com/business/support/contact/voice-phone/?sol=free-call-s

  2. 合意書の締結 【お客様・弊社にて実施】 
    一連のお手続きと並行して、お客様と弊社間で合意書の締結を行います。

  3. 電話番号名義の変更 【お客様・弊社にて実施】
    当該電話番号はTwilioサービスを利用中、名義が弊社である必要があります。前述の合意書で電話番号預かりに関する内容が含まれています。(Twilioサービスを解約する際は当該電話番号の名義をまたお客様へお戻しします) KDDIの書面にお客様が記入捺印→弊社へ送付していただき、弊社でも記入捺印し、KDDI社へ弊社から送付します。

  4. 着呼先の変更 【弊社にて実施】
    当該電話番号の着信先がTwilioになるための着信先変更手続きを弊社にて行います。この切替タイミングは固定で、毎月 1日(元旦は不可) となります。電話番号名義変更完了後、おおむね3週間以降に訪れる最初の1日での切り替えが可能です。


[参考: Twilio解約時の概要]
上記と同じ要領で、新しくMNPで移行していく先で着課金番号を利用するためのお申込みを行っていただき、名義変更・着信先変更の順番で進んでいきます。

上記お手続きをご希望の場合、弊社 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。営業担当よりご連絡させていただきます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。