よくあるお問い合わせ (FAQ)

通話の自動転送には料金がいくらかかりますか ?

通話の自動転送では、それぞれの通話に2つの料金発生ポイントがあります。
発信者から Twilio 番号への着信、およびTwilio から転送先の番号への発信です。

  • 例 1: シンプルな自動転送

所有している番号が Twilio の050番号である 050-Aであるとします。 この番号宛のすべての通話は、ただちにTwiMLを使ってある携帯電話の電話番号090-Bへ転送されるよう設定したとします。あるエンドユーザーががAへ電話をかけ、これがBの電話機へ転送され、10 分間会話します。

1. エンドユーザーから Twilio 050-A
 着信料(1分1円)がご利用のTwilioアカウントのポイント残高から10分間分引き落とされます。
 エンドユーザーは自分が使っている電話機の電話キャリアへ 050番号宛の通話料を10分間分払います。

2. Twilio から 090-B
 携帯電話宛発信料(1分16.2円)ご利用のTwilioアカウントのポイント残高から10分間分引き落とされます。
   エンドユーザーはこの区間の通話料は掛かりません。

ご利用のTwilioアカウントからは上記の1と2の合計、10円+162円=172円のポイントが引き落とされます。

通話の自動転送では、それぞれの通話に2つの料金発生ポイントがあります。
発信者から Twilio 番号への着信、およびTwilio から転送先の番号への発信です。

  • 例 2: 着信のみの接続を行った後に、通話を自動転送する


接続されて少したってから、通話が転送されるように設定されているとします。 たとえば、利用者がユーザーの Twilio 番号へ通話をかけ、`<Play>` 動詞で再生される録音を 15 秒間聞きます。 この後、通話は固定電話であるBへ転送され、発信者は 5 分間会話します。

1. 利用者から 電話番号A
 Twilio着信料が、5分15秒なので 6分間分課金されます。

2. Twilio から 電話番号B
 固定電話への発信料が 5分間分課金されます。

1 と 2 の合計がポイントから差し引かれます。

  • 例 3: 発信通話を行った後に、別の発信通話をかける


この例は、Twilio 番号*へ*ダイヤルした人から開始された通話ではなく、Twilio 番号が REST API で*発信の*通話を開始しています。 これは、クリック トゥー コール アプリや予約リマインダーでよくあるケースです。 たとえば、利用者がボタンをクリックし、Twilio から 自分の電話番号A に電話がかかってきます。 電話に応答し10 分間会話します。

Twilio から 電話番号A
 固定電話への発信料が 10分間分課金されます。

  • 例 4: Twilio クライアントを使って通話を自動転送する


利用者はユーザーの Twilio 番号を呼び出します。 Twilio はすべての通話を、別の電話番号ではなく、Twilio の `<Client>` インスタンス (ユーザーの Twilio クライアント モバイル アプリ) に自動転送します。10分間通話します。

1. 利用者から 電話番号A
 Twilio着信料が 10分間分課金されます。

2. Twilio から `<Client>` インスタンス
 Clientの発信料が 10分間分課金されます。

1と2の合計がポイントから差し引かれます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。