よくあるお問い合わせ (FAQ)

電話の着信拒否操作を行った際にすぐまた呼び出しがある(またかかってくるように見える)

着信拒否時の挙動は機種依存の仕様差があり、キャリアや機種によってどのような制御信号を返すかが異なります(全ての電話で統一した規格で実装されていない)。残念ながらTwilio側で全世界の全機種・全キャリアの仕様を吸収することができず、制御不可能な範囲の要素によるものです。


参考までに弊社の再現テストの結果をお知らせします。

  • au iPhoneの場合


→ 非アクティブ時に「後で通知する」を押すと呼び出し音はその場で止まる。ただし、電話をかけている方は呼び出し音が鳴り続ける。Twilio側のログは1つ。

→ アクティブ時(何か画面操作をしている)に「拒否」ボタンを押した場合
  Inbound→TwiML DIALによる転送の発信:
  1回の着信拒否操作で再びかかってはこない。

  Rest API経由の発信:
    1回目の着信拒否操作で呼び出し音はその場で止まるが、再度かかってくる。
  2回着信拒否を行い、3回目は非通知でかかってくる。Twilio側ログは1つ。

 

  • Softbank iPhoneの場合

 

→ 非アクティブ時に「後で通知する」を押す場合も、アクティブ時の「拒否」を押す場合も、
  再度かかってくることはない

 

  • EMOBILEの場合

 

→ 拒否ボタンを押した後に再度電話がかかってきたのと同じように呼び出し音が鳴る。
  Twilio側のログは1つ。

 

2回目以降の呼び出しが非通知になったり +81形式の番号が通知されることもあります。


この仕様への対策方法として、受け側の着信拒否時の挙動差による影響を小さくする工夫をすることが挙げられます。例えば、ダイヤル時のタイムアウトを設定し、延々と長い時間呼び続けないようにする(タイムアウトを8秒にする等)や、一定時間呼出し後、当該コールのステータスを取り Answered でなければ明示的に updateをかけ、status = completed (REST API経由) にしたり、disconnect する (Clientアプリ) 等をご検討頂ければと存じます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。